ヘアワックスの使い方カテゴリの記事一覧

ロングヘアー編

髪の毛先・根元につけすぎ注意


ヘアワックスを、あずき粒の約1.5〜2倍の量を手の平に取って、手の平が白くなくなるくらいまでまんべんなく伸ばすのがポイントです。

その後、ミディアムヘア編と同じ様にあまり根元につけないように髪全体になでまわすようにつけます。

根元につけすぎるとボリュームがなくなってしまいますのでほどほどにしましょう。

また、毛先へのつけ過ぎも髪が重くなりボリュームがなくなるので注意です。

そして、最後に、毛先をつまんだり、流したい方向へ手ぐしで髪先を流します。
※手ぐしで流すと自然な感じで整います!

この時、後頭部の毛を立たせるとバランスがよくなり見栄えがよくなります。

ワックスが足りないなと思ったら、手順を最初から繰り返してください。
ここでもショートヘアー編ミディアムヘア編同様つけすぎは禁物です。

ミディアムヘアー編

髪の根元につけすぎ注意


先ず、ヘアワックスを、あずき粒位の量を手の平に取ってまんべんまく延ばします。

この時手の平が白くなくなるくらいまで伸ばすのがポイント

その後、あまり根元につけないように髪全体になでまわすようにつけます。
※根元につけすぎるとボリュームがなくなってしいまうので注意

毛先へのつけ過ぎも、髪が重くなってボリュームがなくなるので注意しましょう。

次に、浮かせたい部分を軽く握っていき形を作り、最後に毛先をつまんで束感を出します。

この時のポイントとして、後頭部の毛を立たせるとバランスがよくなり見栄えがよくなりますよ

また、ワックスが足りないと思ったら、手順の最初に戻って繰り返してみてください。

しかしここでも付け過ぎは禁物です。

ショートヘアー編

つけすぎ厳禁


まずヘアワックスをあずき粒位の量を手の平に取ってまんべんまく延ばします。

この時、手の平が白くなくなるくらいまで伸ばすのがポイント。

その後、髪にゴシゴシするように練りこみ、毛先までしっかりつけ、最後に毛先をつまんで束感を出します。

ワックスが足りないなと思ったら繰り返してみてください。
くれぐれも付け過ぎは禁物です!!

基本の使い方

ヘアワックスは、中年のおじさんがなんかが髪の毛を固めてクセづけする整髪料とは違って、動きのある毛の流れやナチュラルなスタイルをつくるのが特徴のスタイリング剤です。

髪に自然なツヤを与え、動きや立体感をだしたりなどのスタイリングが楽しめることも、おしゃれなあなたには魅力的です。

まず、ヘアワックスを少量(アズキ大程度)を指にとり、手のひらで十分にのばしてから、髪になじませるようにするのがポイントです。

また、一度にたくさんつけすぎず、少量づつ繰り返し使用するのも大切なポイントです。

毛先を遊ばせてみたり、髪の根元を立ち上げてみたり、あなた独自の工夫で、いろいろなスタイリングに挑戦してくださいね。